奇妙な人形と村だけが残った廃墟「ウェスタン村」の今

ウェスタン村の人形
image credit:Abandoned Kansai

栃木県の日光市には鬼怒川の温泉廃墟群があるが、不気味さでは間違いなくこちらのが上だろう。かつてアメリカの西部をモチーフにしたユニークな遊園地、その名も“ウェスタン村”だ。

今にも動き出しそうな不気味な人形達が残り、廃墟として異様な空気を放っているという。

廃墟になってしまった現在の姿

ウェスタン村の岩

東武鬼怒川線新高徳駅から徒歩約8分「ウェスタン村」

ウェスタン村が運営を始めたのは1974年のことだった。入園は大人2,400円という料金で西部劇のショーからゲームセンター・ミステリーハウスなどを楽しむことができるテーマパークとして運営されていたんだ。(2004年〜特別感謝プライスで1,500円に)ウェスタン村2004年にはセグウェイに試乗できるエリアも新設されたが、2006年の12月7日に急に休園を発表。

施設のメンテナンスをするためという説明だった。

休園期間は翌年の2007年3月末までという話でその後は復活すると思われていたのだが、ウェスタン村が蘇ることは2度となかった・・・。

2月末の時点で4月以降も休園することを発表したのだ。ウェスタン村さらに2007年の4月28日には園内で働いていた従業員達を全員解雇したことを産経新聞で発表。

その後、ウェスタン村は閉園という形ではなく“長期休園”として解体されずに残るが、その姿はほとんど廃墟だと噂されている。

園内に今なお残る不気味な人形達

ウェスタン村の人形村には西部劇をイメージした人形達が現在も残り続けている。その光景は日本の廃墟の中でもトップクラスに不気味ではないだろうか。

出来栄えがリアルすぎて、ガンマンなんて今すぐに撃ってきそうである。ただし心霊現象といった類は噂されていないようだ。ウェスタン村の人形ウェスタン村の人形ウェスタン村

休園直後に不法侵入が発生する

ウェスタン村ウェスタン村はあくまで“長期休園”しているだけなので、許可なく入ることはできない。

しかし、休園した年には園内の窓枠が大量に盗まれる事件が発生。以後、村の管理者が定期的に点検をしているという。

音楽PVや撮影ロケ地として起用されることも

ウェスタン村残った村は、化女沼レジャーランドと同じように独特な雰囲気を利用した西部風の撮影ロケ地や音楽PVとして使われることもあった。

当時のウェスタン村のCMがこちらだ。


他にも村には、園内を回れる蒸気機関車からガンシューティング場・酒場・雑貨屋などが残り続けている。このテーマパークが再開する日は果たしてやって来るのだろうか・・。ウェスタン村ウェスタン村ウェスタン村ウェスタン村ウェスタン村ウェスタン村

なぜ廃墟に?鬼怒川に残る温泉ホテルの廃墟群と写真達

2017.09.21

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ