フォッフォ、ポケモンマスターになるのはワシじゃよ。11台のスマホを自転車に装備しながらポケモンGOをやりこなすおじいちゃんが現れる(台湾)

2016年7月に登場した現実世界にモンスターが現れる「ポケモンGO」。新モンスターやバトルシステムの導入など次々に新サービスを繰り出しているわけだが…今、最もポケモンマスターに近いかもしれない男性が台湾にいるという。

想像してたのと違うんだが…?

自転車に11台のスマホをつけるおじいちゃん。

11台のスマホを使ってポケモンGOをやるおじいちゃん彼の名前は、チャンさん・69歳(Chan San-yuan)。地元では有名なポケモンGOプレイヤーだったそうだが、台湾のニュースチャンネルEXP.GGが取り上げたことで、さらに知名度が増したという。

見れば分かると思うが、このスマホ量である。その数なんと11台。そりゃドヤ顔にもなってしまう。11台のスマホを使ってポケモンGOをやるおじいちゃん彼がポケモンGOにハマったきっかけは、。ゲームのことを教わってからポケモン集めに夢中になったそうだが…のめり込み具合が人知を超えている。11台のスマホを使ってポケモンGOをやるおじいちゃん自転車のカゴには予備の充電バッテリーが用意されており、スマホの電池がなくなるまで20時間ぶっ続けてプレイすることができるという。11台のスマホを使ってポケモンGOをやるおじいちゃん月に14万円(1,290ドル)ほどの課金をしている彼だが…今後は、さらに4つのスマホを自転車へ追加する予定。彼は「ゲームは友人を作り、アルツハイマー病の予防に役立っている」と語っている。11台のスマホを使ってポケモンGOをやるおじいちゃんどうでも良いけど絶対事故らないでよ!

11台のスマホを使ったポケモンGO

コメントする