【動画】100%画面割れしない。スマホの落下を感知してエアバックに変身するケース爆誕

iPhoneのエアーバック

とあるガジェットが「素晴らしい。」「ずっと待ってたんだけど!」…と注目を浴びている。ドイツ・アーレン大学の学生フィリップ・フレンツェル氏が開発したのは、スマホのエアバッグ。そう、まさに待望のケースである。

既にドイツの全学生が集まるドイツメカトロニクス学会で最優秀賞を獲得したという。

スマホのエアバックを作った理由「自分が落としまくっていたから」

iPhoneのエアーバックフィリップ氏は、3年前から買ったばかりの新しいiPhoneを落としまくっていた。もちろんその度に画面はグチャグチャ。

スマホを落とす度に新しい保護ケースを買うのだが、どのケースもしっかり画面を守ってくれない…。もういい。自分で作ってやる!iPhoneのエアーバックフィリップ氏が始めに考えたのは、落下を検出するセンサーのメカニズムだ。始めは車のエアバックのようなものを考えていたが、どうもイメージが湧かない。そんな時に思いついた。

バネだわ。

iPhoneのエアーバックそこからフィリップ氏の制作チームは約2年半でケースを完成。iPhone6から最新のiPhoneまで対応する予定だという。iPhoneのエアーバック生産資金を提供するため、彼らは7月からのクラウドファンディング(Kickstarter)への準備を進めている。ってかなんで今までなかったんだろう不思議。iPhoneのエアーバック
iPhoneのエアーバック

スパイシービューを