マリオやピカチュウがリアル世界に!合成に見えるほど溶け込んだピクセルアート達【写真】

ピクセルアート-ピカチュウ

スウェーデンに住むJohan Karlgren氏は、8ビットのゲームを愛するデザインアーティスト。ピースを組み合わせることで作り上げるいわゆる“ピクセルアート”を街中に作り出し、住民の人達を楽しませているそう。

作品はマリオやゼルダなどファミコン時代からのゲームにインスパイアされているものが多い。何よりも街中への溶け込み具合が半端じゃない!!

街に紛れ込んだゲームの世界

これらの写真は、彼のInstagramに投稿された作品の一部。ピクセルだからだろうか?一瞬見てみると合成・・?なんて疑ってしまうのだが、全て実在しているもの。彼のブログ「Pappas Pärlor」では、作品の作り方も動画で紹介されている。気になる人は一度訪れてみてはいかが?

マリオやポケモンが好きな人にとって、こんなのが街に作られたら嬉しいだろうなぁ。
スパイシービューを