なんで?ダメなの!?自分で改造したトランスフォーマー車を郊外で披露するも、警察に追い払われる(北京)

本物のトランスフォーマー車

車のロボットといえば、スティーブン・スピルバーグ監督の映画作品「トランスフォーマー」を思い浮かべる。

道路で普通に走る車がロボットに変形。作中では、街で世界で大暴れするわけだが、現実世界ではそう簡単に許してもらえないらしい…ちょっと可哀想。

トランスフォーマー作ったよ!見てくれ皆!

本物のトランスフォーマー車中国・北京に住むDIY大好きな男性は、長年の時を経てついにトランスフォームができる車を完成させた。こりゃあ皆に見てもらうしかない!

さっそく北京郊外へ、その完成度を披露しに行くと皆が注目して写真を撮ってくれる。こりゃ作った甲斐があったなぁ。なんて思っていたら、そこにポリスメンがご登場。本物のトランスフォーマー車警察「ここで何やってるんだ?ん?」
男「え、あの改造した車を皆に見てもらうと…」

「ダメに決まってるでしょ。ここ、公道だよ。」

「え…あ…はい。」

男は警察車両に導かれながら、短い時を経て寂しげに去っていったという。ドンマイすぎる…
本物のトランスフォーマー車

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ