奴はどこだ…絵本「ウォーリーをさがせ!!」から最短4.45秒でウォーリーを見つけ出すAIロボットが現れる

もはやウォーリーが可愛そう。。「ウォーリーをさがせ!」といえば、1987年にイギリス人イラストレーター、マーティン・ハンドフォード氏が手がけた日本でも大人気の絵本だ。世界中を飛び回る旅人、ウォーリー(男)を群衆の中から見つけ出すというユニークな絵本なのだが、これが中々難しい…

というわけで、AIに手伝っていただくことになった。

最短4.45秒。絵本の中からウォーリーを見つけちゃうAIロボット

ウォーリーを探している Ai ロボットこのロボットを作ったのは、広告を専門とするRedpepper社。Google内にあるウォーリーの写真107枚とリンクしており、最短で4.45秒でウォーリーを見つけだせるという。

ロボットの知能は5歳児よりも高く、本体にはカメラキットが装備されている。このカメラで絵本を撮影し、Googleのサービス(AutoML Vision)にデータを転送。

そのデータを元にニット帽を被ったボーダー男のウォーリーを検出するという。

犯人が割り出せる監視カメラに似てるよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ