【これは知らなかった】実は略語だった言葉ランキング--トップ10には「切手」や「ボールペン」・「ペペロンチーノ」など

面白い略語ランキング

ご存知の通り「略語」とはある言葉が短く省略された造語のこと。簡単なものでは、コンビニエンスストア=コンビニ。アルバイト=バイトなど思いつくが、日常で意識していなくても「え、これ略語だったの??」なんてものが数多く存在したりする。

Webのアンケート結果をランキング形式で紹介するgooランキングにて「実は「略語」だった驚きの言葉ランキング」が紹介されている。ランクインしたワードが中々面白かったのでご紹介!

意外と知られていないかも。面白い略語達BEST10

1位:切手

ポストもはや切手がデフォルトとして使われているが、開発当初は「切符手形」と呼ばれていたそう。うん、これは長いね。

2位:ペペロンチーノ

ペペロンチーノペペロンチーノのフルネームは、「アーリオ・オリオ・エ・ペペロンチーノ」。イタリア語でアーリオ(ニンニクを)・オリオ(油)ペペロンチーノ(トウガラシ)を指し、3つの素材を使ったパスタにこの名前が付けられるという。

3位:教科書

教科書を使う学生教科書の正式名称は「教科用図書」。普通に考えれば分かるものだが…意外と略語だった。

4位からはボールペンやソフトクリームなど、以下のようなものがランクイン。意外だったワードもあるのでは?

  • 4位:経済(経世済民)
  • 5位:ソフトクリーム(soft serve ice cream)
  • 6位:ボールペン(ボールポイントペン)
  • 7位:レーダー(ラジオ・ディテクション・アンド・レンジング)
  • 8位:軍手(軍用手袋)
  • 9位:レーザー(ライト・アンプリフィケーション・バイ・スティミュレイテッド・エミッション オブ・ラジエーション)
  • 10位:OK(oll korrect(all correct の表記ゆれ))

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ