とある女性宅のリビングルームにピューマが侵入→6時間のお昼寝が始まる(アメリカ)

北米や南米に広く生息するピューマ(マウンテンライオン)は、好奇心が強く行動範囲が広い。そのせいか?よく人が住む地域まで足を伸ばすこともあるらしいが…どうやら伸ばしすぎてしまったらしい。

ピューマが家の中に侵入→6時間のお昼寝が始まる

オレゴン州・アシュランドに住む女性・テイラー氏(Lauren Taylor)は自宅のリビングルームに入ると思わず悲鳴を上げてしまった。

普段はほとんど見ないピューマがリビングにノッソリといたのだ!え…何やってんの?
ピューマは基本的に人を襲うことはなく、警戒心が強いことで知られている。彼?彼女?は声を出すと、ソファの後ろに隠れてしまったという。いつの間に侵入したのだろうか。

その後は困ったことに、なんとぐっすりお寝んねがスタート。ちょっと待ってよ…

度々目を冷ますも、結局6時間も滞在していったという。
最後は音を使って強制的に退散。大人しい性格のピューマだからこそ、ちょっと可哀想だけど誰も怪我しなくて良かったね。

スパイシービューを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。