これでもうイライラしない。フィリピン人の男性、渋滞を回避するために6年かけて1人乗り用ドローンを完成させてしまう。

一人乗りドローン

人が乗れるビックなドローンを作るのは、ハイテクかつビックな企業だけだと思ってたけど…凄まじい執念だな。

フィリピンのとある男性が個人用に1人乗り用ドローンを作っていると海外で話題になっている。

だって、もう渋滞にはウンザリなんだよ。

一人乗りドローンこの1人乗り用ドローンを作ったのは、首都マニラに住むキックス・メンドーサ(Kyxz Mendoza)氏。

それにしても、一体なぜ個人でこんな物を作ろうと思ったのか?

きっかけはマニラの渋滞。全然進まない車達に嫌気が差して、もう自分で空飛ぶ車を作ってしまおうと思い立ったそうな。

ここまで来るのに6年かかっているそうだが…

現状の弱点は飛行時間か。MAX2時間半の充電で12〜15分しか飛ぶことができないそう。こちら▼は試行運転の様子。

ちなみに機体の名前は、「ウルトラライト・エアクラフト:Ultralight Aircraft」。現在は、2人乗り用を製作中とのことだが、個人的にはこれで釣りをやってほしいな。

超楽しそう!ドローンを使ってマグロ釣りをしちゃう映像

2017.09.22

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ