【動画】クセになりそうな程リズミカル。西アフリカ生まれの打楽器「アサラト(パチカ)」の演奏が素晴らしい

アサラト、という楽器の名前を聞いたことがある人は恐らく少ないだろう。西アフリカ生まれの打楽器なのだが、これが奏でる音が中々面白い!

というわけで、地元の人が奏でる熟練の技をご覧いただこう。

木の実と紐で奏でるリズム楽器

西アフリカの民族楽器-アサラトの演奏アサラトの造りは非常にシンプルで2つの木の実に紐がつけられているだけ。ただ木の実の中には小さな草の実が入っており、これを鳴らすことでリズミカルな三拍子が生まれる。

一見簡単そうに見えるけど、実際難しいんだろうな。

ちなみに日本生まれの似た楽器にパチカがあるが、その違いは、木の実→プラスチック素材の玉。中の草の実→小石に変わったものと捉えてOK。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ