ロケットから放たれる強大な音波が凄い。雲の氷層を破壊する瞬間を捉えた映像。

ロケット音が空にある氷の層を破壊する瞬間

空をかき消すってのはこれかな…。ロケットの発射映像はよく見られるが、このロケットから放たれる音波の威力は凄まじいらしい。雲の中にある氷を破壊する映像が中々凄い。

雲の中にある「氷の層」が破壊される瞬間

▼その映像がこちらだ。(NASAの実験:Solar Dynamics Observatory)

映像では、空が雲を通過するときに水の中に入ったかのような「波紋」が確認できる。一体なぜこのようなものが映るのだろうか?

ロケットから放たれる音量は、最大で200デシベルと考えられている。これは人間が痛みを感じると言われる80デシベルの倍以上の高さ。

これほど強大な音になると、空をかき消す力を持つという。専門家によると、この波紋は雲の中にある氷の層がロケットの音によって破壊されたものだそう。

また、このレベルの音は、ロケットが高速で動いている時だけでなく、地上からシャトルが発射する時も同じ。とてつもない爆音が起こるため、発射台付近に人が立っていると死んでしまう危険性があるという(音圧による脳梗塞や心臓発作・呼吸困難など)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ