養鶏場に廃棄した腐った卵から100以上の雛たちが孵化する珍事件が発生。

ヒヨコが生まれてしまう-孵化

世にも奇妙な珍事件がジョージア国(旧名:グルジア)南部、マルネウリで起きた。古くなり、捨てられてしまった卵からいきなり数百の雛達が孵ったという。

現地の人々は、まさにてんやわんや状態。海外SNSで動画がUPされ話題になっている。

腐った卵かと思いきや…元気な有精卵?

腐ってしまった卵。それは勘違いだったのか?養鶏場で卵を廃棄しようと放置したところ、温まった卵たちから大量のヒナ達が誕生。実際の映像がこちら▼だ。


ほとんどの人が分かっていると思うが、ニワトリの卵は基本的に孵らない。スーパーに置かれた卵をいくら温めても孵らないのだ。

これは無精卵(1匹飼いのニワトリが日課的に産む卵)であるため。

一方、雄と雌が交尾したことで生まれる有精卵は、温めると雛が生まれてしまう。というわけで、今回の卵は間違いなく有精卵。何かの勘違いで腐った卵と勘違いされちゃったんだろうね…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ