令和でよかった…。新元号の最有力候補は、「天翔(てんしょう)」だったことが判明、ボツになった理由は「既に葬儀屋にあったから」

天翔

5月1日、ついに新元号・令和(れいわ)の幕があけた。特に大きな批判もなく、日本の古典・万葉集から取られたということで、とても良い元号になったのではないだろうか。

それはさておき…この新元号には、他にも5つの有力候補が挙げられていた。それがこの5つだ

令和以外の候補一覧

  • 英弘(えいこう)
  • 久化(きゅうか)
  • 広至(こうし)
  • 万和(ばんな)
  • 万保(ばんぽう)

※上記2つは日本の古典。上記3つは中国の古典より。

だが、この計6つの他に1つ…最有力候補になっていたものがあったという。それは…

最有力候補は天翔(てんしょう)だった。

令和30日、政府関係者より公開された情報によると、その最有力候補は天翔(てんしょう)だったという。なんだが、急に安っぽくなった感じがするのは僕だけだろうか?

いや違うはず…それはさておき、なぜボツになってしまったのだろうか?原因は、葬儀屋にあったという。既に天翔(てんしょう)という葬儀屋が登録されていることが確認され、最終案に入る前に除外されてしまったのだ。

安倍首相を含め、賛成意見を多数集めていた様だが、葬儀屋の件に加え、「大正のTとかぶる…」「画数が多い」という理由もあった模様。確かに書くのが面倒だ…

ちなみに、ネット上では以下の様な声が上がっていた。

  • 信長の野望にあったな…
  • 急にDQNネーム!?
  • 昔、ゲームの主人公につけた名前だ…
  • 北斗の拳臭がする。
  • 厨二っぽいから嫌だ…。

何だろう。令和になってホッとしたよ。

天翔

コメントする