「なんか変なバイクがあるぞ!?」かつてモーターサイクル・チャリオットレースで実際に使われていたバイクがシュール

かつて戦争に使われた馬車を使ってスピードを競うスポーツに「チャリオット・レース」というものがあった。

古代のギリシャ・ローマ時代に人気を博したスポーツで馬を走らせる競技だったが、実はこのバイク版が存在した。

その名も「モーターサイクル・チャリオットレース」という。

【動画】バイクを馬の代わりにした競技

モーターサイクル・チャリオットレース

20世紀前半(1920〜1940)に流行っていたこのスポーツは、バイクのハンドル部分に手綱をつけて操縦していく。

この状態でスピードを競う競技なのだが…今となっては考えられないほどシュール。モーターサイクル・チャリオットレース

モーターサイクル・チャリオットレース モーターサイクル・チャリオットレース

▼当時の映像がこちらである。バイクを固定するだけで、ここまで上手く操縦できるものだろうか…色んな意味で凄い。


このバイクは今でも残っているものがあるらしく、公道で「なんか変わったバイクが走ってるぞ!」と海外でちょっとした話題になっていた模様。
なんだろう、逮捕されて自動運転のバイクに連行されてる人みたいに見えてしまう。

スパイシービューを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。