これはエグい…添加物が普通に入ったマックvsオーガニックなハンバーガーが腐敗していく様子を比較したタイムラプス映像

マックのハンバーガーは何年経っても腐らない。」なんて話は、誰もが1度は聞いたことがあると思うが…

その理由は添加物にある。もっと細かく言えば保存料だ。大手チェーンで「オーガニックです!」と謳っていないハンバーガー屋は99%添加物が入っていると思っていいだろう…とはいえ、どんな食品にも添加物は入ってるし、マックも基準は守っている。でなければ、販売は出来ない。

ただ、保存料が普通に入ったハンバーガーと全く含まれていないオーガニックなハンバーガーは、見た目的にどのくらい差が生まれるのか?それが分かるのがこの映像だ…。


保存料の含まれないオーガニックなハンバーガーはどんどん腐敗していくが、右側のマックは何日経っても無敵…。

さらに、驚きなのがこの2つのハンバーガーを同じ部屋で放置しておくと、両方同じように腐っていくという事実だ。
腐ってしまったハンバーガー
これはいわゆる“コンタミネーション(試料汚染)”というやつで隣のハンバーガーに近寄ってきた菌が無敵の添加物バーガーにも影響をもたらした結果、こんなことが起きるという。

恐ろしや…

マックのハンバーガーとオーガニックのハンバーガーの比較

コメントする