超巨大泡風呂に男たちが大爆笑。NASAが開発した航空格納庫を消火する新設備

航空機格納庫の泡消火システム

火災を最も効率的に消してくれるのは水だが、比重が小さい液体可燃物の前では、水が下に沈んでしまい冷却効果を発揮することができない。

そこで有効なのがだという。泡は空気を含む水であるため、液体の上に浮かんで蒸気を抑えながら窒息させることができるのだ。
高膨張泡消火システム
航空機の格納庫でもし火災が発生した場合、その被害は半端じゃない。迅速に微塵の隙もなく消化したいところだが、このNASAが開発した「高膨張泡消火システム」ならそれが実現可能だという。航空機格納庫の泡消火システム警報が鳴り、水で薄められた泡の原液が塊となって装置から次々と噴射される。男たちは何やらめちゃめちゃ楽しそうだ。

人体に悪影響もなく、泡なので死角ができない。さらに強い炎が吹き出るエンジンであろうと速やかに消す消却力を併せ持つことから、世界各国に導入が進められている。

現在もNASAアームストロング研究センターで改良が進められているという。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スパイシービューを

コメントをどうぞ