120万冊の本が保管可能!!未来感が凄いおしゃれな図書館が中国にオープン

中国のおしゃれな図書館の内部

僕は気分転換や超集中したい時に図書館をよく利用するが、こんな図書館があったら仕事を放って色んな本を読んでしまいたくなるだろう。中国の大都市“天津”にめっちゃおしゃれな図書館が完成している!!こう言っちゃなんだか失礼だが・・ちょっと中国らしくない。と思ったらオランダのデザイン会社が絡んでいたよ。

完成までたった3年。120万冊保管可能です。

中国のおしゃれな図書館の内部中国の浜海新区(ひんかいしんく)に作られたこの未来感溢れる図書館。なんと120万冊もの本が保管できるという。先月の10月1日にオープンしたばかりなのだが、ミルフィーユ状になった天井から中央にある目のような球体がなんともおしゃれで話題になっている。中国のおしゃれな図書館-球体制作には、オランダのデザイン会社であるMVRDVが天津都市計画設計研究所(TUPDI)と協力して設計。中国では、The Eye of Binhai(濱海の目)と呼ばれているそう。中国のおしゃれな図書館の内部建築にはそりゃあ長い時間がかかったのだろうと思いきや、完成まではわずか3年。全5階建で一階には読書スペースからラウンジに会議室などを設置。最上階にはPC・オーディオルームを完備しているという。

それにしても上の方にある明らかに届かない本達は一体どのように取るのだろうか?詳細は記載されていないが、内部の映像も公開されているので合わせてどうぞ。中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館中国の浜海新区の図書館こちらは内部を撮影した様子の映像。