「え、プールあんじゃん…!か、借りるぞ!!」バンビバケットを装備して消化に向かうヘリコプターは、時として民家のプールを借りることがある。

火災が起きた時に消化と救助に向かうのは、もちろん消防車だけではない。空を飛びながら、人を助け、さらに消化もしてしまうヘリコプターだが、時として民家のプールを活用することがある模様。

その操縦技術に感服する。ヘリコプターの水回収作業が素晴らしい。

ヘリコプターによる消化-プールの水ヘリコプターが水を持つためのバケツは、その名も「バンビバケット:BAMBI BUCKET」という。SEI Industries Ltd.社が生産するヘリコプター用の消火バケツで、誰もが1度は見たことがあるかもしれない。

バンビバケット バンビバケット バンビバケット バンビバケット

山火事や険しい場所など、消防車が辿り着けない場所には、このバケツと専門消化隊が出動するわけだけど、時として民家のプールを活用することもあるらしい。

▼プールがある家の隣の住民が撮影した消化活動の様子(ポルトガル:2011年7月29日)。

撮影者曰く、この日の救助ヘリは、水を全部で25回も詰め替えしていたとのこと。計算によると約600リットルもの水を運んでいたという。その操縦技術が素晴らしいわ…。

スパイシービューを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。